焼き鳥

焼き鳥 2

焼き鳥

仕事から帰る途中に焼き鳥屋さんがあります。
そこはテイクアウト専門の焼き鳥屋さんです。

焼き鳥は好物の一つです。

そのお店で買うようになって10年くらいになります。

皮の間にニンニクを挟んだ「皮ニンニク」が絶品です。
かなりお薦めです。

また、焼き鳥を入れる袋には絵が描いてありますが、
店員さんが書いています。
浮世絵風の絵の時もあります。
毎回、袋の絵も楽しみの一つです。

また、別の絵の時に紹介できたらいいなって思っています。
スポンサーサイト

立川談志

爆笑問題

立川談志

今回は「立川談志」師匠を取り上げたと
思います。

2011年11月21日に残念ながら亡くなって
しまいました。

「立川談志」師匠の高座は生で見たことは
ありませんでしたが、
CDやDVDで聞きました。
(生の高座を聞いていないのでブログで
書くのはどうかと思いますが。)

初めて聞いたのは、CDの「芝浜」を聞いて
「立川談志」師匠の凄さを知りました。
因みに、このときまで全然、落語を聞いたことは
有りませんでした。
「芝浜」は人情噺でストーリーも分かりやすい噺ですが、
CDでも十分に迫力、気迫が伝わってきて
圧倒されてしまいました。

また、「笑う超人」に収録されている
「鼠穴」も「芝浜」同様に圧倒されまくって
しまいました。


「たらちね」「短命」「鉄拐」も面白かったです。

CDやDVD化されていて聞くチャンスはあると
思うので、是非是非聞いてみてくださいね。

最後に「芝浜」の落ちは「また、夢になるといけねぇ」ですが、
このフレーズは大好きなフレーズです。
(今回の内容とは関係ありませんが。)

井上源三郎資料館

25日のブログ(宝泉寺)でも取り上げましたが、
「井上源三郎資料館」。

写真をアップしたいと思います。

井上源三郎 4

井上源三郎

井上源三郎 2

井上源三郎 3

興味がある方は是非、訪れてみてくださいね。
ただ、毎日開館しているわけではないので
開館日を必ず、チェックしてから
訪れてみてくださいね。

お薦めの落語家 7

柳亭市馬

久しぶりのお薦めの落語家です。
今回のお薦めの落語家は「柳亭市馬」師匠です。

「柳亭市馬」師匠は「落語協会」の会長を務めています。

もともとは人間国宝の「5代目柳屋小さん」師匠のお弟子さん
です。
「柳家」の方は古典落語専門の方が多いような気がしますが、
「柳亭市馬」師匠も古典落語専門です。
(「柳家」の方でも新作をやられている方もいますが)

今まで寄席では「道具屋」「山号寺号」「掛け取り」といった
古典を聞いています。
CDやDVDも結構、出しています。
CDでは写真の「高砂や」「ねずみ穴」を聞いたし、
DVDでは「長屋の花見」を聞きました。

基本に忠実な落語家さんだと思いますが、
「掛け取り」では三橋美智也の歌を交えながら落語を
やります。
(歌謡曲を歌うのも好きで歌のCDも出しています。)

今では「落語協会」の会長職にも就いていますが、
今、句の落語家さんだと思うし、お薦めの落語家さんです。
これからも「柳亭市馬」師匠から目が離せません。

ほおずき市

浅草寺では7月9、10日に「ほおずき市」が
開催されます。
「ほおずき市」は「四万七千日」ともいうみたいです。
あまり詳しいことは分からないのですが、
7月9、10日にお参りすると46000日分のご利益が
あるみたいです。

今の時期ではありませんが、
雰囲気が伝わればと思い掲載します。

では、写真です。

ほうずき市

ほうずき市 3

ほうずき市 2

ほうずき市 4

ほうずき市 6

ほうずき市 5

ほうずき市 7

ほうずき市 8

ほうずき市 9

ほうずき市 10

暑い時期なので、水分を摂りながら回りました。

チャンスがあったら行ってみてくださいね。

宝泉寺

今回は「宝泉寺」を取り上げたいと
思います。

「宝泉寺」は新選組の「井上源三郎」のお墓の
あるお寺さんです。
実際には、「井上源三郎」の遺骨は入っては
いないみたいですが。

場所は中央線「日野」駅から5分程度のところに
あります。

また、「井上源三郎」のお兄さんの子孫の方が
「井上源三郎資料館」をやられています。

では、「宝泉寺」の写真です。

宝泉寺

宝泉寺 2

宝泉寺 3

宝泉寺 4

宝泉寺 5

宝泉寺 6

宝泉寺 7

宝泉寺 8

宝泉寺 9

宝泉寺 10

宝泉寺 11

「井上源三郎」って新選組では地味な存在で
新選組に興味がない方には馴染みがないかもしれません。
ただ、「近藤勇」や「土方歳三」と出身が同じで
二人の兄貴分的な存在だったと思います。

「井上源三郎」に興味がある方は、
「宝泉寺」と「井上源三郎資料館」に行ってみてくださいね。

「井上源三郎資料館」のホームページのアドレスです。
http://genzaburo.web.fc2.com です。

今年も。

今年も残り1か月ちょっとですね。
時間が経つのは早い!!!

今年もダラダラと過ごしてしまった
ような気がします。

残り1か月ちょっとですが、
頑張っていいきたいなぁ
って思っています。

ブログも頑張りますね。(笑)

旧古河庭園 2

今日は「旧古河庭園」のバラを取り上げます。
以前のブログでも「旧古河庭園」のバラを
取り上げましたが、
もう一度取り上げてほしいと友人に言われたので
取り上げます。

では、写真です。

旧古河 24

旧古河 25

旧古河 20

旧古河 18

旧古河 11

旧古河 28

旧古河 22

旧古河 19

旧古河 26

これからがバラの写真です。

旧古河 2

旧古河 3

旧古河 4

旧古河 5

旧古河 6

旧古河 7

旧古河 8

旧古河 9

旧古河 10

旧古河 12

旧古河 13

旧古河 14

旧古河 15

旧古河 16

旧古河 17

旧古河

旧古河 23

旧古河 21

旧古河 30

旧古河 31

旧古河 32

旧古河 33

旧古河 34

「古河庭園」には日本庭園があります。

旧古河 29

旧古河 27


今回は写真をたくさん掲載しちゃいました。

花は見ていて癒されますよね。
花の名所があれば教えてもらいたいです。

「古河庭園」もお薦めの場所です。
是非、行ってみてくださいね。

水上バス

今回は「水上バス」を取り上げたいと
思います。

東武線「浅草」駅の斜め前に隅田川が流れており、
乗り場があります。
ちょうど吾妻橋のところですよね。

俺は浅草に行ったときに、
「水上バス」に乗って『浅草』から『日の出桟橋』まで
乗って帰ります。

はとバスで来られている方や外国人の方も
結構、乗られています。

今回の写真は水上バスからの外の景色を
掲載したいと思います。
雰囲気が伝わればいいかなぁ~と
思っています。

水上バス

水上バス 2

水上バス 3

水上バス 4

水上バス 5

水上バス 6

水上バス 7

水上バス 8

水上バス 9

水上バス 10

水上バス 11

水上バス 12

水上バス 13

水上バス 14

水上バス 15

最後の写真は『日の出桟橋』から撮った写真です。
『お台場』なのが分かるといいな!!!

水上バスに乗っていると気持ちがいいですよ。
浅草に行った帰りにでも乗ってみてくださいね。

今戸神社

今回は「今戸神社」です。

以前のブログでも紹介しましたが、
写真を数枚、掲載し忘れてしましました。
改めて、今回、「今戸神社」を紹介させてもらいます。

「今戸神社」は恋愛が叶うということで
女性に人気がある神社です。

実際、「今戸神社」に行ってみると
平日でも女性が結構、来ています。

では、写真です。

今戸神社

今戸神社 2

浅草 4

今戸神社 3

今戸神社 4

今戸神社 5

今戸神社 11

今戸神社 6

今戸神社 7

今戸神社 9

今戸神社 10

招き猫の発祥の地でもので、
発祥の地という碑があります。
(諸説はあるみたいですが。)

お守りなどは社務所で販売されていますが、
可愛らしいお守りも売っているので女性は
嬉しいのではないでしょうか。

是非、「今戸神社」に行ってみてくださいね。

誓教寺

今回は「誓教寺」を取り上げます。
「誓教寺」は江戸時代の浮世絵師の
『葛飾北斎』のお墓があるお寺です。

『葛飾北斎』は『富嶽三十六景』 『諸国瀧廻り』など
有名な浮世絵を残していますよね。
また、肉筆画もたくさん残しています。

娘の『葛飾応為』も浮世絵師として活躍し、
作品を残しています。

では、「誓教寺」の写真です。

誓教寺

誓教寺 2

誓教寺 3

誓教寺 8

誓教寺 4

誓教寺 5

誓教寺 6

誓教寺 7

俺も『富嶽三十六景』の『神奈川沖浪裏』を観て
『葛飾北斎』のファンになりました。

海外の方にも『葛飾北斎』は人気があるみたいです。
(って言うか、浮世絵事体が海外の方に人気が
ありますよね。)

日本が誇れる浮世絵。
興味がある方は美術館へ浮世絵を
鑑賞しに行って観てくださいね。

何だか話がズレてしまいましたが、(笑)
「誓教寺」にもお参りに行ってみてくださいね。

朱印 5

朱印も第五弾になりました。
朱印を集めるようになって10年以上に
なると思います。
10年以上も続くとは思ってもみなかったです。

では、朱印の紹介です。

今戸神社です。

今戸神社 朱印 

今戸神社 朱印 2


次は本龍院(聖天)です。

聖天 朱印 2

聖天 朱印


石浜神社です。

石浜神社 朱印

石浜神社 朱印 2


不動院です。

不動院 朱印

不動院 朱印 2


矢先神社です。

矢先神社 朱印

矢先神社 朱印 2


5ヵ所とも浅草の七福神の神社仏閣です。
下には七福神の朱印も掲載しました。

朱印集めというと中高年の方が集めていると
いうイメージですが、
結構、若い方も集めています。
20代の女性なんかも朱印帳を持って歩いてる
姿を見かけます。

お薦めの趣味だと思いますよ~。

朱印 4

今回はまたまた、朱印を公開
したいと思っています。


初めは高幡不動尊です。

高幡不動尊 朱印


次は石田寺です。

石田寺 朱印

二つのお寺は以前のブログでも
紹介しましたが、
東京都日野市にあります。

次は徳大寺です。

徳大寺

徳大寺は上野のアメ横の通りに
あります。

次は浅草寺です。

浅草寺 朱印 5

以前のブログでも浅草寺の朱印は
掲載しましたが、
今回の朱印は四万七千日と左上に
ハンコウされた朱印です。

次は浅草神社です。
浅草神社も以前のブログで紹介
しましたが、
もう一つの朱印を掲載したくて
もう一度、アップします。

浅草神社 朱印 3

浅草神社 朱印 4

浅草神社 朱印 5

被官稲荷神社は浅草神社の裏に
ある神社です。
浅草神社で朱印を書いてくれます。


まだまだ、紹介したい朱印はあります。
機会があれば、また、紹介したいと
思います。

今日は

今日は何を書こうか・・・・。
書きたいことはたくさんありますが、
疲れていてやる気が起きずです。(笑)

最近は、天候が安定しないですよね。
外での仕事なので、雨が降ると憂鬱な気持ちで
仕事をしています。
(雨の時は、カッパを着て仕事です。)

明日の天気予報は、雨の予報ですね。
でも、仕事なので頑張らなくてはという
気持ちです。

ぶっちゃけ寺

今週も「ぶっちゃけ寺」が放送されました。
今週のテーマは「お城」でしたね。

「ぶっちゃけ寺」で「お城」?って思う方も
いると思いますが、
お坊さんから見た「お城」というテーマでした。

「金沢城」「熊本城」「姫路城」「首里城」「福知山城」
のことを詳しく説明してくれたので良かったです。

「お城」に興味があるので、上に挙げた6ヶ所は
行ってみたいと思いました。

そうそう、「江戸城」を最後に扱っていましたが、
「江戸城」の一部の建物を川越の「喜多院」に
移したこともやっていましたね。
川越の「喜多院」には何回か行ったことがあるので
知っていました。

川越も機会があったら紹介したいと思っています。


話が脱線してしまいましたが、(笑)
「ぶっちゃけ寺」は観ていて勉強になるので
お薦めの番組です。
それにお坊さんの話もためになるので
是非、観て下さいね。

蔵前神社

今回は「蔵前神社」を取り上げたいと
思います。

「蔵前神社」は落語の「元犬」という
古典落語の舞台になった神社です。
「元犬」にちなんで犬の碑が建てられています。

蔵前神社

蔵前神社 2

蔵前神社 3

蔵前神社 4

蔵前神社 5

蔵前神社 6

落語が好きな方には知られた
神社かもしれませんね。

興味がある方は訪ねてみてくださいね。

下谷神社

今回は『下谷神社』を取り上げたいと
思います。

『下谷神社』は地下鉄銀座線「稲荷町」駅から
徒歩5分程度のところにあります。

ここの神社は1798年に初代・三笑亭可楽師匠が
初めて境内で寄席を開いた場所です。
「寄席発症の地」という碑があります。
落語が好きな方は知っているかもしれませんね。

では、写真です。

下谷神社

下谷神社 2

下谷神社 3

下谷神社 4

下谷神社 5

下谷神社 6

下谷神社 7

大きな神社ではありませんが、
雰囲気がいい神社です。
浅草の帰りにでも寄ってみてくださいね。

浅草 5

今回も浅草の見所を紹介したい
と思います。

まずは、不動院です。
ここのお寺さんは浅草の七福神に
入っているお寺さんです。

不動院

不動院 2


次は石浜神社です。
ここも浅草の七福神に入っている
神社です。

石浜神社

石浜神社 2

石浜神社 3

石浜神社 4

石浜神社 5

石浜神社 6

石浜神社 7

石浜神社は隅田川沿いにあり、
近くに白鬚橋があります。
そこから東京スカイツリーが良く見えます。

石浜神社 8

石浜神社 9

浅草の七福神は毎年、正月に回っています。
普通、七福神は7か所ですが、
浅草の七福神は9ヵ所あります。
(鎌倉の七福神は8ヵ所らしいです。)
近いうちに、浅草の七福神をブログで紹介したい
と思っています。

浅草 4

久しぶりに浅草のお薦めスポットです。
やはり浅草は見るところが多いですよね。

まずは、「浅草神社」です。
浅草神社は浅草寺の本堂の隣にあるので
知ってる方も多いと思います。

浅草神社

浅草神社 2


次は「長國寺」です。
以前、紹介した鷺神社の隣にあります。
酉の市のお寺なので、酉の市の時は
たくさんの方で賑わいます。
今回は普段の写真にしました。

長國寺

長國寺 2


次も以前、紹介した「吉原神社」の近くにある
「吉原大門」と「見返り柳」です。
地名で分かる通り江戸時代は遊郭があった場所です。
今では、男の遊び場になっていますよね。

吉原大門 2

吉原大門 3

吉原大門


次は千束神社です。
樋口一世の像があり、ゆかりの神社みたいです。
朱印を紹介した時にも掲載したと思います。

千束神社 2

千束神社

千束神社 3

千束神社 4

千束神社 5

千束神社 6


次は飛不動尊(正宝院)です。
下谷七福神の一つです。

飛不動尊

飛不動尊 2

飛不動尊 3

飛不動尊 4

下谷七福神は今年の正月に回っているので、
機会があったら紹介したと思います。


最後に池波正太郎記念文庫です。
台東区中央図書館内にあります。
館内では池波正太郎の名前が入った
しおりやブックカバーなどが販売されています。
池波正太郎が好きな方にはお薦めな場所です。

池波正太郎


今回もいろいろ紹介しました。
興味がある方は行ってみてくださいね。

高倉健 3

高倉健 5

「高倉健」さんのお薦めの映画も第3弾です。
って言うか、「南極物語」を忘れていました。

有名な映画なので知っている方も多いと
思います。

「高倉健」さんの出演している映画の中でも
外せない映画だと思ったのでアップしました。

「高倉健」さんは本当に色んな分野の映画に出ているなぁ~
と思います。
もっと活躍して貰いたかったです。

高倉健 2

高倉健 3

高倉健 4

「高倉健」さんの映画の紹介の第2弾です。

『遙かなる山の呼び声』は『幸福の黄色いハンカチ』の監督と
一緒で「山田洋次」さんです。
「高倉健」さんは犯罪者の役が多いけれども、
この映画でも犯罪者役です。
この映画のラストがとても印象的で素敵な場面です。


『飢餓海峡』は1965年に公開された映画です。
サスペンスです。
「高倉健」さんは刑事役で出演していますが、
かなりのはまり役です。
刑事役でももっと出演してもらいたかったなぁ~。
それに若かりしころの映画なので、演技に勢いがあります。
『飢餓海峡』を観る前は、寡黙で不器用なイメージがありましたが、
この映画を観て「高倉健」さんのイメージが変わりました。

因みに、原作は「水上勉」さんです。
以前に文庫本は買ったのですが、
まだ読んでいません。(笑)
文庫本も読まなくてはと思っています。

話が脱線しましたが、
「高倉健」さんの映画は、みなさん好きな映画は
あると思いますが、
俺的にはこの2本もお薦めなので、
機会があったら観てみてくださいね。

高倉健

高倉健 2

高倉健

「高倉健」さんが亡くなられてちょうど1年になります。
(2014年11月10日に亡くなられたので)

「高倉健」さんは、同じ男としての憧れの存在です。

「高倉健」さんと言えば、『網走番外地』『昭和残侠伝』といった
ヤクザ映画のイメージがありますが、
『幸福の黄色いハンカチ』『居酒屋兆治』といった人間ドラマといった
映画にも出演しています。

『幸福の黄色いハンカチ』は有名な映画でヤクザ映画以外の
代表作だと思います。
因みに、監督は『男はつらいよ』シリーズの「山田洋次」さんです。

下の写真の『居酒屋兆治』は「高倉健」さんの隠れた名作だと
俺的には思っています。
居酒屋を営む役に、「高倉健」さんのイメージが合っていて、
とてもはまり役で素敵です。
また、脇役には「田中邦衛」「大原麗子」「加藤登紀子」といった
豪華な出演者です。

「高倉健」さんはヤクザ映画よりも寡黙で背中で語るというイメージ
なので、『幸福の黄色いハンカチ』や『居酒屋兆治』の方が俺的には
好きな映画です。
(『網走番外地』もはまり役ですけど。)

去年の今頃、亡くなったと聞いたときはショックでしたが、
映画を通して「高倉健」さんにいつでも会えると思うようにしました。

また、「高倉健」さんの映画を紹介出来たらいいなぁと思っています。

そうそう、『居酒屋兆治』に出演している「大原麗子」さんも
はまり役でとても良かったです。って言うか、美人な女優さんでしたね。
映画の中で、「大原麗子」さんとは昔の彼女の設定ですが、
今頃、天国で一緒にいるかなぁ~。
(「大原麗子」さんも何年か前に亡くなられていますよね)

ぶっちゃけ寺

今週も「ぶっちゃけ寺」が放送されましたね。
今週は「鎌倉」を特集でした。

「鎌倉」には年に2、3回は行っているので、
たいへん興味も持って観ていました。

『鶴岡八幡宮』を中心に
『杉本寺』『定泉寺』『建長寺』を扱っていました。

『杉本寺』には以前、参拝したことがありましたが、
「鎌倉」で一番古いお寺とは知らなかったし、
仏さまが『運慶』作と言うのも知りませんでした。

また、『定泉寺』は初めて知ったお寺でした。
『定泉寺』の敷地内に洞窟があり、
洞窟に観音様などが彫ってあるのは感動でした。
洞窟も修行のために掘ったというのも凄い話でした。

今週も「ぶっちゃけ寺」も勉強になったし、
鎌倉にまた、行きたくなりました。

幕末新選組

池波正太郎

以前のブログ(驚きももの木20世紀)で取り上げた
「永倉新八」を主人公にした小説があります。
池波正太郎の「幕末新選組」です。

「永倉新八」の幼少の頃から書かれていて、
読んでいて面白かったです。
「永倉新八」の盟友「原田左之助」とのやり取りでは、
ほろりとさせられる場面もありました。

池波正太郎の小説の中でも、好きな小説の一つです。
最近は読んでいないので、もう一度読み直したいなぁ
と思っています。



黒鉄ひろし

次いでに紹介するのが、
「驚きももの木20世紀」のところでも書いた
「黒鉄ヒロシ」の漫画「新選組」です。

「黒鉄ヒロシ」は「新選組」以外にも歴史を題材にした
漫画を描いています。

機会があったら池波正太郎の「幕末新選組」と
黒鉄ヒロシの「新選組」を読んでみてくださいね。

浅草キッド

ビートたけし

前回のブログ(驚きももの木20世紀)で「深見千三郎」を
取り上げました。

その「深見千三郎」が出てくる小説があります。
「ビートたけし」が書いた「浅草キッド」です。

「浅草キッド」は「ビートたけし」が浅草フランス座で
修行した時のことが書かれた小説です。

「深見千三郎」は浅草フランス座時代の「ビートたけし」
にとって師匠にあたる方です。

小説では、師弟関係やストリッパーとのやりとり、周りの人々のことが、
面白おかしく書いているので、
とても面白かったです。

学生時代に何十回って読んだ小説です。

「ビートたけし」がどのように売れていったかも分かるので
芸人「ビートたけし」に興味がある方も読んで損がないと思います。

驚きももの木20世紀

「驚きももの木20世紀」と言うテレビ朝日でやっていた
番組がある。
1993年4月から1999年10月までやっていました。
司会は三宅裕司さんと麻木久仁子さんがやっていた。
ネットで調べてみたら司会者は何回か代わっている。

人物や事件などを扱ったドキュメンタリー番組でした。
扱った人物も結構、マニアックな人を扱っていたので、
とても印象に残っている番組でした。

扱った人物の中で印象に残っているのが、
「深見千三郎」と「永倉新八」です。
「徳川慶喜」も扱っていましたが・・・・・。

「深見千三郎」は浅草フランス座でストリップの合間にやっていた
コントの出演者でした。(コメディアンです。)
「深見千三郎」の下でコントをやっていたのが、
「ビートたけし」や「ビートきよし」です。
「ビートたけし」らの師匠にあたります。


もう一人の「永倉新八」は幕末に活躍した「新選組」の
隊士です。
「驚きももの木20世紀」で「永倉新八」を観て
新選組にハマってしまいました。
「新選組」と言えば、「近藤勇」「土方歳三」「沖田総司」と
いった人達が有名ですが、「永倉新八」は放送当時、
知らなかったのでとても興味深く観たのを今でも覚えています。
また、黒鉄ヒロシの漫画を使いながらの解説も良かったです。

「驚きももの木20世紀」で「永倉新八」を観ていなかったら、
「高幡不動尊」などには行っていなかったと思うので、
考え深いものがあります。
(「高幡不動尊」は土方歳三の関係のお寺でこのブログでも
いろいろアップしていますよね)


ネットで調べてみると、「驚きももの木20世紀」で扱っていた
人物や事柄は今から思うと興味があることも扱っているので
再放送をしてもらいたいなぁ~と思ってしまいます。
また、こういうドキュメンタリー番組をやってもらいたいです。

高幡不動尊

高幡不動尊にもホームページがあります。
もし行かれる方は、ホームページをチャック
してみてくださいね。

http://www.takahatafudoson.or.jp/

これからの時期、紅葉が見頃になると思います。
結構、紅葉も綺麗なのでお薦めです。
以前のブログにも紅葉の写真を掲載してあります。

高幡不動尊 あじさい篇 2

今回も「高幡不動尊」の「あじさい」を取り上げようかなぁ
と思っています。
「あじさい」は好きな花の一つです。
いつ見てもいいなぁ~と思っています。

高幡不動尊 あじさい 34

高幡不動尊 あじさい 23

高幡不動尊 あじさい 33

高幡不動尊 あじさい 24

高幡不動尊 あじさい 25

高幡不動尊 あじさい 26

高幡不動尊 あじさい 27

高幡不動尊 あじさい 28

高幡不動尊 あじさい 29

高幡不動尊 あじさい 30

高幡不動尊 あじさい 31

高幡不動尊 あじさい 32

高幡不動尊 あじさい 35

高幡不動尊 あじさい 36

高幡不動尊 あじさい 37

高幡不動尊 あじさい 38

高幡不動尊 あじさい 39

高幡不動尊 あじさい 40

「高幡不動尊」以外にも鎌倉の「長谷寺」「明月院」などが
有名ですよね。
他にも「あじさい」の綺麗なところがあれば
教えてくださいね。

高幡不動尊 節分篇 2

今回も「高幡不動尊」の節分で、
2013年度の写真を公開しますね。
って言うか、数枚ですが。(笑)

高幡不動尊 節分 26

高幡不動尊 節分 27

高幡不動尊 節分 28

高幡不動尊 節分 29

高幡不動尊 節分 30

高幡不動尊 節分 32

2013年度は女優の高島礼子さんが来られていました。
結構、綺麗でしたよ。

来年も節分に行けたらいいなぁと思っています。

お薦めの落語家 6

春風亭一之輔

今回のお薦めの噺家は「春風亭一之輔」師匠です。

若手真打です。

何て言っても2012年に21人抜きで真打になった師匠です。

21人抜きが話題になったので、
浅草演芸ホールに披露興行を見に行きました。
「代脈」という古典落語をやりました。

実は、それまでこの師匠を聞いたことがなかったので、(笑)
楽しみにしていました。

独特の雰囲気があり、今までにいない落語家さんだなぁ~
という印象でした。

披露興行以来、「春風亭一之輔」師匠の出る寄席には
行くようにしています。

「転失気」「初天神」「鮑のし」などを今までに聞いています。

CDも出しているので聞いてみてください。

そうそう、TBSラジオ(赤江珠緒のたまむすび)にも
月に1度出演しています。
main_line
main_line
プロフィール

トム・ショルツ

Author:トム・ショルツ
趣味の事や日々の出来事をブログかきたいなぁ~と思っています。
たまにはアダルト的な事も書いちゃおうかな。(笑)

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
蝶が舞うリースの時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる